百日紅と太陽

  真夏の太陽に向かって枝を伸ばし、花を咲かせるサルスベリのように。自分の成長を実感できるような読書体験を届ける本屋です。

MENU

2024年5月22日

仕事がうまくいかないなあ、と悩むたびに自分に言い聞かせているのは、心を波立たせたままにしないということ。落ち込むこと自体は否定しない。思う存分落ち込んだ方が良い。「結局そんなに落ち込んでないんじゃないか?」と他人に言われないくらい、とこと…

2024年5月21日

弱い自分を思い知るのが怖くて、また様々な不調に悩み苦しむことから逃れたくて、3年前、ある場所から逃げた。その後、多忙ではあったけれど、心は穏やかにして過ごすことができた。それがまたここへきて、後戻りしているような気がする。自分で決めたことな…

2024年5月20日

この本はお気に入りだから、何回も読んで、読みこなそう。そう思える一冊に出会えるのは素敵なことだ。もちろん私にもそうした一冊がある。今日、その本を持って家を出て電車に乗った。行き帰りの電車内でたっぷり読もうと思っていたのだけれど、朝のぼんや…

2024年5月19日

平日の普段にいない時間帯に自宅にいると、それだけでなんだか新鮮な気持ちになって、今日はなにか特別なことができそうな、全能感に近いものを感じる。そうは言っても結局何もできなくて、夜になって後悔するという日が、いままでたくさんあったはずなのに…

眠れないあなたに

眠れないあなたに おだやかな心をつくる処方箋/松浦弥太郎 小学館 嫌なことがあって、心に傷がつき、眠れないと感じる日はありますか。憂鬱なことが控えていて、不安に押しつぶされてとても寝る気になれない日はありますか。きっと多かれ少なかれ、皆そうし…

2024年5月18日

蔵の本屋で店番。店番中と、行き帰りの電車の中とで、だいぶたくさんの本を読む時間があったので(熊谷へは片道90分弱電車に乗り続けている)、内田樹「武道的思考」をずっと読んでいた。台風の日、瀬田の道場でただ一人、教え子が来るのを待っていたという…

2024年5月17日

「プライドが高い」というのと、「こだわりを曲げない」というのは、似ているようで、別物だと思っている。「それは自分のプライドが許せない」という言葉は自分からは口にすべきものではないと思っていて、だから「プライドが高い」人間にはなりたくない。…

2024年5月16日

日課のジョギングをしながら、そうだよな、これは誰かにやれと言われてやっていることではなく、自分からすすんでやっていることなのだから、楽しくやらないと損だよな、と思った。毎日となると、やはりどうしても腰が重くて、なかなか家を出られない日もあ…

2024年5月15日

先日の晴耕雨読の古本市を行った畑には、ブルーベリーの木がたくさんあって、小さい実がまだ青いながらもたくさんついていた。こんなにたくさん成って、うらやましい。なんて思っていたら今朝、自宅のブルーベリーにも実が成っていて、嬉しくなった。しかも…

2024年5月13日

終始雨が降り続き、気分が落ち込んだ。仕事帰り、景色の写真を撮る気にもならなかった。これから梅雨がやってくると思うとまた憂鬱になる。驚くべきことに、まだ梅雨はやってきていない。湿度と不快指数ばかりがぐんぐんと高まる日々。どうにか淡々と、過ご…

2024年5月12日

ときがわの農家・晴耕雨読主催の古本市に参加した。今年で3度目の参加。誘っていただけるのが本当にありがたい。 晴天の中、新刊本を売った。本に興味のある人の多さに驚く。そして、本を読むという行為に魅せられた人の真剣さに改めて触れられた気がした。…

2024年5月11日

明日の出張の準備で実家へ。相棒の再放送を観ながらつかの間、のんびりした。普段観ない分しっかり観たテレビを消したら、夜の静けさが心に染みた。裏の沼?のカエルの鳴き声だけ。心地よい夜だ。

2024年5月10日

完璧を目指すことを諦めるようになった。それは、100%でなくても、50~60%の成果であっても、それを続けることの方により大きな意義があると思うようになったからだ。緊張の糸が切れて、「やーめた」となってしまってはよくないだろう。ただ、完璧を求めて…

2024年5月9日

毎日の仕事を淡々と、もちろん一生懸命に行いながら、今週末の出張本屋イベントに持っていく本を選んでいる。畑でのひとはこ古本市だ。あれもこれもとたくさん持っていきすぎるわけにはいかない。かといって、昨年のように絞りに絞った本だけを持っていくの…

2024年5月8日

できるだけ毎日を淡々と、やるべきことをきちっとやりながら過ごせたらいいなあとずっと思っている。しかしなかなか思い通りにいかないのは、嫌なことや憂鬱なことで心をかき乱されることが往々にしてあるから。これはもうどう頑張ってもなくせないものだと…