百日紅と太陽

  真夏の太陽に向かって枝を伸ばし、花を咲かせるサルスベリのように。自分の成長を実感できるような読書体験を届ける本屋です。

MENU

書肆 呼吸

いろいろなコンセプトをもつ架空の本屋が、それぞれオススメ本を紹介します。そんな複数の本屋を束ねる「つかみどころのない」本屋が「書肆 呼吸」。

書肆 呼吸

書肆 呼吸。「しょし こきゅう」と読みます。この名前の架空の本屋を、このブログ内で展開していこうと思います。 読書とは、人間にとって当たり前の営みだと思っています。呼吸をするのと同じように。別にたくさんする人がすごいわけではない。呼吸の量が多…