百日紅と太陽

  真夏の太陽に向かって枝を伸ばし、花を咲かせるサルスベリのように。自分の成長を実感できるような読書体験を届ける本屋です。

MENU

2024年6月25日

仕事において、他者のとった行動がなんだか遅く感じた時、例えばこちらが質問したことに対しての返事が遅かった時には、つい「だらしないなあ。もっとちゃんとしてほしいなあ」と思う。しかし、では自分はどうだと振り返ると、やはり同じように返事が遅く、…

2024年6月24日

電車に乗っている毎日の移動時間を、なんとか有意義な時間にできないだろうかと、ずっと考えている。 イヤホンをつけて音楽を聴くということは、数年前にやめた。車内アナウンスを聞き取れず急遽途中駅止まりになってあたふたしたのが直接的なきっかけ。周囲…

2024年6月23日

カフェニルに出張。私のミニエッセイを読んでくれた方と話をした。資源物として出した不要な本の束を持ち去られて悔しかった、という私の告白に対して、難癖をつけるつもりではなくて、と前置きしたうえで、それって悔しいものですか?と質問をされた。自分…

2024年6月22日

自宅で仕事。これをやらなければ、あ、あれも終わっていない、と次々にやるべきことが目の前にやってくる。こうなってくると逆にやる気は下がってきて、行動できない。なんでこうなってしまうのか。何でもない、これまで溜め続けた自分が悪い。でもその時そ…

2024年6月21日

どのように気持ちを持っていけば、毎日を楽しく、有意義に、穏やかに、やりがいを感じながら暮らすことができるだろうかと、柄にもなく考えている。つらいこと、憂鬱なこと一切から逃げれば事足りる、ということであれば、仕事なんてサボってしまえばいい、…

2024年6月20日

レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」(上遠恵子訳 新潮社)をようやく買って、読んだ。最近新訳が発売されたり、尊敬する若松英輔さんがその著書の中で取り上げたりしていて、興味を持った。電車の中で読みながら、暗闇に満ちた夜の世界、静寂…

2024年6月19日

帰り道、駅前の本屋に立ち寄ろうとビルの扉を開けたら、入口がふさがっていた。目の前には移転の看板。いつの間に!という驚きと、そのことに気づかなかった自分に情けなさを感じながら、移転先であるすぐ隣(近くでよかった!)のビルへ。2階に行ったら、こ…

2024年6月18日

一日中雨が降っていた。帰宅する頃には弱まってはいたものの。自分の身体の中に潜んでいる気怠さのようなものが雨と一緒に流れ出てきて、何事もやる気が起きない。メールの受信箱を見るのが怖い。こういう状態をあとどれくらい我慢したら、一人前の大人にな…

2024年6月17日

週の始まりの月曜日。よし、また1週間頑張ろうと意気込んで、朝、駅の改札を出ようとしたら、ブザーが鳴ったのでうろたえた。定期券の期限が切れていたことに気づかなかった。はあ、とため息をつきながら、隣の精算機でチャージする。定期券の期限が切れるそ…

2024年6月16日

夕方、仕事で桜新町へ。通り道には大きなカフェがあって、いつもたくさんの人で賑わっている。時間に余裕があったら立ち寄りたいと思う時もあるのだけれど、なかなか入れそうにない。駅前のタリーズもたいてい満席に近い。駅を降りて20分近く歩いていたら、…

2024年6月15日

店番の帰り道。いつもの道にある本屋にまだ行ったことがなかったので、入ってみた。ずっと女性向けの本屋のように感じていて、敷居をまたげずにいた。その小さな本屋に並んでいる本は少ないながらも魅力的で、もっと早く行っていればよかったと後悔した。そ…

2024年6月14日

汗をだらだら流しながら歩いていたのを思い出す。「まだ6月だぜ。7月になってもいないのになんで・・・」なんて嘆いていたのは一昨年のこと。今日が6月14日だから、そんな猛暑の日も近い。それでも半袖のシャツを着て仕事をするのがどうしても嫌な自分は、き…

2024年6月13日

松浦弥太郎さんの著書を何度も読んでは、心に刻もうとしている言葉がある。「心を波立たせない」だ。ぞわぞわっと波立つことなんて相変わらずしょっちゅうだけれど、それでも「落ち着いて、落ち着いて」と唱えながら、心を落ち着かせる日々だ。唱えているう…

2024年6月12日

仕事でも暮らしでも何でも、何かを長く続けようとするのであれば、目の前のことを完璧にこなそうと意気込んではいけないのだということを、最近強く感じる。多少なりとも自分を甘やかす部分がないと、明日、明後日、と同じことができなくなりそうだ。昨日あ…

2024年6月11日

朝、家を出る時に、入り口前に新しい花が咲いていることに気がづいた。こういうささいなことに気づけるのは嬉しいことだ。昔から「注意力がない」「観察力がない」と怒られ続けていた自分だ。よし、今日も一日頑張ろう、と思える。社会人になる前くらいの自…